Column美脱毛コラム

脱毛についてのギモンや正しい処理方法についてなど、クリニックだからこそお伝えできる脱毛についての正しい情報を随時更新しています!

2019.05.29永久脱毛

永久脱毛をはじめるベストタイミングとは?

永久脱毛と一言で言っても、一体どんな機械を使うの?痛みはないの?肌への影響は?どんなスケジュールで脱毛が進められるの?など様々な疑問が頭に浮かんできます。そんな疑問に答えながら、医療レーザーを使った永久脱毛は、いつ始めるのがベストタイミングなのか、無理なく、かつできるだけ短期間で効率的に施術を受ける方法をご紹介していきます。

医療レーザー脱毛ってどんな機械なの?

医療レーザーは、特定の色にのみ反応するという性質があります。脱毛だけでなく、様々な部位の治療に使われていますが、中でも永久脱毛の施術に用いる医療レーザーは黒に反応するように作られています。

このため、皮膚表面にあてると、ムダ毛に含まれる黒いメラニン色素に反応し、熱を発生します。この熱が毛の成長にかかわる細胞が集約されている毛根に吸収され、毛を生み出す組織を破壊するため、毛が生えてこなくなるという仕組みです。

この際、ムダ毛を伸ばしたままで施術に臨むと、ムダ毛の黒に反応し、無駄な熱が発生してしまうため、痛みが強くなる危険性があります。施術前のシェービングが欠かせないのはこのためです。

また、レーザー照射の際に発生する熱で皮膚は軽いやけど状態になるので、肌が赤くなったり、毛穴のまわりの皮膚が炎症を起こしたり、かゆみが生じたり、乾燥状態になったりと、それぞれの方の肌の状態や体質などによって、様々なリスクがあります。

レーザー脱毛の施術後には、いつも以上に保湿をしたり、ブラシやスポンジで体を洗わないようにしたり、日焼けをできるだけ避けるなど、自宅でのアフターケアも大切ですが、起こってしまったトラブルに対しては、医療レーザー脱毛は、医療機関で行いますので、医師や看護師に相談し、時には塗り薬や飲み薬などを併用し、肌の状態を見ながら、無理なく施術を進めていくことが望ましいといえます。

目に見えるムダ毛は全体の20~30%

自己処理しても次から次へと生えてくるムダ毛。ムダ毛ってこんなに成長が早いのかと驚かされてしまいますが、実は皮膚の表面に露出して目に見えるムダ毛というのは、全体の20~30%にすぎないのです。自己処理で剃ったり、抜いたりした毛だけが、再び生えてくるのではなく、皮膚の中に眠っていた毛が新たに生えてくることで、ムダ毛との絶え間ない攻防が続いているわけです。

では、そもそも皮膚の表面に現れずに、皮膚の中に眠っている毛というのは何なのでしょうか。毛には「毛周期」というものがあり、休止期、成長期、退行期というものを繰り返しながら、皮膚の表面に現れては消えということを繰り返しているのです。

休止期とは、その名の通り、毛穴の中に毛がなくなり、毛母細胞の活動も止まっている状態をいいます。このときが、まさに毛が皮膚の中で“眠っている”時です。成長期は、毛母細胞が活動を再開し、分裂することで、毛が生まれ、皮膚の表面にも表れてくる状態です。私たちが、ムダ毛と認識し、これを処理しようとするのがこの時です。そして、退行期になると、表出していた毛の成長が止まり、やがて毛根から抜け落ちていきます。体の部位にもよりますが、髪の毛以外の毛は、おおよそ2~4カ月ほどのサイクルで生まれては抜けてということを繰り返すと言われています。

タイミングを逃すと永久脱毛はうまくいかない

こうしたサイクルを繰り返すムダ毛を医療レーザーを使って処理する際、気を付けなければならないのは、レーザーが働きかけられるのは、成長期の毛だけであるということです。休止期や退行期の毛にレーザーを当てても、満足のいく結果は得られず、せっかくレーザーを当てたはずなのに、再びムダ毛が生えてくるという残念な結果になる可能性があるのです。

医療脱毛サロンによっては、「2週間ごとにレーザーを当てて、短期間で脱毛が完了できる」などといったうたい文句を掲げるところもありますが、こうした短期間での施術を行って、一時的にムダ毛がなくなっても、時間がたったら、再び生えてきたという不満を持つ方も見受けられます。こうしたことがないよう、正しい毛周期に合わせた的確な施術で、来院の手間や時間を省きながら、効率的に通い続けられる医療脱毛サロンを選ぶことをおすすめします。

永久脱毛にかかる費用は高い?

これから肌の露出が増える時期、エステサロンなどでは、お得なキャンペーン価格やモニター価格などで宣伝しているところもたくさんあります。もちろん、短期間の施術で夏だけ脱毛の効果が期待できれば構わないという方には、費用面でも刺激の少なさの面でも、エステサロンで行う脱毛が理想的なこともあります。

ただ、せっかく脱毛してもらうなら、夏だけでなく、永続的に脱毛効果を得たい、脱毛が必要になったら、またサロンに通わなくてはいけないのは面倒という方には、医療レーザーによる永久脱毛も有力な選択肢の一つだといえます。

エステサロンで行う脱毛は光脱毛と言われるもので、医療レーザーを使った永久脱毛ではないため、刺激は少ない分、脱毛効果も得られるにくいというのがデメリットです。脱毛というよりも、むしろ減毛で、継続的にサロンに通い続けなければ、その減毛効果も持続しにくいというのが現状です。

それに比べ、医療脱毛では、レーザーを使い、毛周期のサイクルを根本から壊してしまうので、一度施術してしまえば、二度とムダ毛が生えてくることはありません。

エステサロンでの脱毛に比ベると、痛みが強く、価格が高いというのがデメリットでもありますが、長期的にお金を払いながら、サロンに通い続けなければならないエステ脱毛に比べると、長期的な視点で見れば、費用面でも時間面でも、お得感のある選択肢と言えるのかもしれません。

刺激の少ない蓄熱式脱毛機を使用

一般的な医療脱毛レーザーは、200度近い照射熱で脱毛していくため、どうしても痛みが生じてしまいます。痛みに弱く、どうしても耐えられないという方もいらっしゃると思いますが、リアラクリニックでは、広範囲をまんべんなく弱いエネルギーで照射する医療用蓄熱脱毛を採用し、じんわり周囲から温め、毛包周辺の温度を上げることで、毛を生み出す組織である毛根細胞やそこに栄養を送るバルジ領域を破壊していきます。じっくりと熱を伝えることで、温度変化が少ないため刺激を抑えられるというのが特徴です。

温度を下げると脱毛効果が薄れるのでは?と思われるかもしれませんが、3〜4回に分けて蓄熱しながら脱毛するため、最終的な効果は変わりません。

痛みに弱く、医療レーザーを使った脱毛に挑戦してみたかったけれど、避けてきたという方は、ぜひ一度、無料カウンセリングにいらしてください。

まとめ

医療レーザーを使用した永久脱毛には、費用面や痛みが強いといったデメリットがありました。しかし、リアラクリニックでは、皆様がより通いやすくなるようエステ並みの価格と刺激の少なさを実現しました。また、毛の生える毛周期や肌の状態を見ながら施術し、永続的に脱毛効果が得られる医療脱毛はエステサロンの光脱毛と比べても、実はお得感のある選択肢だといえます。いつ、どれくらいの期間、脱毛したいのか、その目的に応じて、サロンやクリニックを選ぶことをおすすめします。

twitter facebook

はじめての方へ

はじめての方へ

はじめての方へ脱毛について詳しく説明します。

よくある質問

よくある質問

患者様からよくいただく質問をご紹介します。