Column美脱毛コラム

脱毛についてのギモンや正しい処理方法についてなど、クリニックだからこそお伝えできる脱毛についての正しい情報を随時更新しています!

2020.10.01知識

顔や首のしわ・たるみ改善にはHIFUがおすすめ!

顔や首のしわ・たるみをセルフケアで改善するには限界があります。

高いリフトアップ効果を長く持続させたいなら、HIFUによる施術がおすすめです。HIFUは切らないリフトアップとして、高い人気を集めています。

今回は、しわ・たるみの原因や対策方法のほか、HIFUの魅力についてご紹介していきます。

しわ・たるみのお悩みはさまざま。気になる原因は?

お肌がたるんだり、しわができたりすると、さまざまなお悩みが生じます。代表的なものは見た目年齢の増加です。目元や眉間にしわができたり、頬がたるんだりすることで、若々しい印象が失われていきます。

ほかにも、毛穴が目立ちやすくなったり、メイクが崩れやすくなったりといったトラブルが起こります。気になるしわ・たるみは何が原因で起こるのでしょうか。まずは、主な理由や対策方法について、簡単にご紹介します。

原因1:加齢

しわ・たるみの原因のひとつに、加齢があげられます。年齢とともに、お肌のハリを維持するために必要なコラーゲンやエラスチンなどが減少していくためです。こういった成分が失われていくことで、しわやたるみができやすいお肌に変化していきます。

また、加齢により、筋肉も徐々に衰えていきます。顔の表情筋が弱まるとお肌が支えきれなくなり、しわ・たるみの原因となります。

筋肉量が変わらない場合も、新陳代謝の機能低下によって皮下脂肪が増えると、たるみが発生することがあります。老化を防ぐことはできませんが、アンチエイジングケアを行うことによって、健康的なお肌を保つことは可能です。ご自宅で行えるセルフケアやクリニックでのリフトアップ施術などを組み合わせ、お肌のハリを維持しましょう。

原因2:乾燥

お肌が乾燥するとターンオーバーが乱れ、バリア機能が低下することがあります。この状態が続くとお肌のキメが乱れていき、しわやたるみの発生につながります。

とくにお肌の乾燥は、表皮にできる浅いしわの原因になりやすいといわれています。お肌の水分を保てるよう、保湿を念入りに行う習慣をつけるのが大切です。毎日の洗顔や入浴後などにスキンケアタイムを設けましょう。

ただ、保湿をするときにしわを引きのばそうとして、強く擦ってしまわないように気をつけましょう。お肌にダメージが蓄積されてしまい、肌荒れにつながることがあるためです。保湿をするときは、化粧水や美容液などを優しく塗布しましょう。適量を守ることも大切です。

原因3:紫外線

乾燥と同様に、お肌に刺激を与えるものの代表格である紫外線。屋外にいるときだけでなく、日光の差し込む室内であっても紫外線の影響は生じます。紫外線があたるとお肌にダメージが加えられ、コラーゲンやエラスチンなどの成分が破壊されていきます。

曇りや雨の日であっても、紫外線は降り注いでいます。紫外線対策は、保湿と同じく毎日行うのがおすすめです。外出しない日でも、顔の日焼け止めは欠かさずに塗りましょう。

また、日焼け止めを塗ったら、1日の最後にクレンジングでしっかり落とし、成分を残さないように気をつけましょう。クレンジングはお肌に優しいものを選ぶのが大切です。このときも、お肌をごしごしと擦らないように注意しましょう。摩擦が強くなりがちなシートタイプより、ミルククレンジングなど洗い流せるものがおすすめです。

原因4:生活習慣

生活習慣の乱れは、健康状態だけでなく、お肌のしわ・たるみにもつながります。とくに、バランスの悪い食事や喫煙などを続けていくことで生じる酸化ストレスは、お肌のバリア機能を低下させます。

食事内容に偏りがある場合は、毎食のメニューを見直していきましょう。とくにお肌のハリや新陳代謝に必要とされるビタミンCやビタミンEなどの成分をとれるように意識して自炊するのがおすすめです。

喫煙習慣がある場合は、禁煙することでお肌のビタミンCの減少を食い止められるかもしれません。ただ、急な禁煙は難しいため、何度もあきらめてしまった経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。その場合、禁煙外来を利用するのもひとつの手です。

また、睡眠不足や生活リズムの乱れがあると、お肌のターンオーバーにも影響します。規則正しい時間に就寝し、十分に睡眠時間をとるよう心がけましょう。

原因5:表情の癖

もうひとつ、しわやたるみの原因になりうるのが、表情の癖です。人によって表情の癖は異なりますが、よく見られるのがしかめっ面による眉間のしわです。同じ表情を繰り返すことによって、特定の部位にしわが刻まれてしまいます。加齢や生活習慣の乱れなどによって、さらに表情の癖によるしわができやすくなることもあるようです。

表情の癖をなおすのは難しいため、表情筋を鍛えることで対策するのがおすすめです。顔の筋肉をよく動かしてまんべんなく鍛えておけば、しわができにくくなるでしょう。

しわ・たるみの改善方法とは

お肌のしわ・たるみ改善のためには、できる限りのケアをしていくことが大切です。ご自分で行うセルフケアのほかに、エステサロンや美容クリニックでアンチエイジングをすることでも、しわ・たるみ改善効果が期待できます。

こちらでは、それぞれの特徴や違いについてご紹介します。

セルフケア

ご自分で行うセルフケアには、お肌に優しいスキンケアやマッサージなどがあげられます。ほかの方法よりもコストがかからず、日常的な習慣にすることで苦も無くしわ・たるみ予防が行えます。ただし、すでにできてしまったしわやたるみをすぐに改善するのには向いていません。あくまでも予防のために、健康的な習慣を身に着ける目的で行うものと考えておきましょう。

また、市販されている家庭用美顔器を使用してホームケアする方もいらっしゃいます。自宅で手軽に利用できるのがメリットですが、取り扱いには注意が必要です。お肌の状態や体質によっては、美顔器による刺激を強く感じることがあります。もちろん、家庭用のため、こういった機器はパワーも控えめです。すぐに強い効果を実感するのは難しいといえます。

エステサロンでのケア

エステサロンでは、リフトアップのためにハンドマッサージや機械によるマッサージなどが行われます。血行を良くすることでお肌の新陳代謝を促進し、ハリを改善する効果が期待できます。ただし、美容クリニックと比べると扱える機器のパワーが弱いため、即効性を求める方や、深いしわ・たるみにお悩みの方などには向いていないでしょう。

美容クリニックでのケア

美容クリニックでは医療行為を行えるため、ハイパワーの超音波照射や、メスを使うリフトアップ手術、糸リフト、ヒアルロン酸注射なども可能です。医師がいるため、こういった施術も安全性に配慮しながら行えます。すぐにリフトアップ効果を実感したい方は、美容クリニックへ通うのがおすすめです。

HIFUでリフトアップをかなえよう! 特徴やメリットとは?

現在、クリニックやエステサロンで行えるリフトアップのなかで人気を集めているのが「HIFU」を使った施術です。

HIFUとは、High Intensity Focused Ultrasound(高密度焦点式超音波)の略となります。機械を皮膚にあてるだけで施術できるため、顔の切開に抵抗がある方にもおすすめです。

とくにクリニックで扱えるHIFUの機械はエステサロンのものよりも出力が高いため、高い効果が期待できます。こちらでは、HIFUの特徴やメリットをご紹介します。

SMAS層へ届く

HIFUは皮膚にあるSMAS層へ届き、リフトアップ効果を発揮します。SMAS層とは、真皮のさらに奥にある筋膜のことです。ここにHIFUによる熱ダメージを与え、修復過程でコラーゲンが生成されることにより、SMAS層が引き締まり、リフトアップにつながります。

効果の持続は約6カ月

HIFUは施術直後だけでなく、1カ月~3カ月たっても徐々に効果が発揮される特徴があります。個人差があるものの、急に顔が変わるわけではないため、まわりの方にバレにくいのもメリットです。また、リフトアップ効果の持続期間は6カ月ほどといわれています。人によりますが、半年に1回程度の施術で済むのも魅力です。

ダウンタイムはほとんどなし

HIFUは皮膚の下層にあるSMAS層へ作用します。お肌の表面にはほとんどダメージがありません。そのため、ダウンタイムも必要ない場合が大半です。施術当日にメイクしてお帰りいただくこともできます。入院は必要なく、施術もすぐに済みます。

痛みが少ない

HIFUの照射は、痛みが少ないこともメリットです。ただし、人によっては骨が近いフェイスラインの部分や、あごの下の部分などは、痛みを覚えることがあります。

また、施術後の赤みや痛みなどもほとんどありません。ほてりなどがあった場合も、当日中に治まるケースが多く見られます。クリニックによっては出力を下げるなどの痛み対策を行っているため、心配な方は相談してみましょう。

名古屋でHIFU施術を受けるならリアラクリニックへ

リアラクリニックは、名古屋をはじめとする各都市に医院をかまえる美容クリニックです。当院では、切らないリフトアップのHIFU施術を行っています。

名古屋でHIFU施術を受けるなら、ぜひリアラクリニックへお越しください。最後に、リアラクリニックのHIFU施術についてご紹介します。

リアラクリニックのHIFU「ソノクイーン」

HIFU施術用の機器にはいくつかの種類があります。リアラクリニックでは、「ソノクイーン」という機械を使用し、リフトアップを行っています。

ソノクイーンは、3つのカートリッジを付け替えて、波長の違う超音波をあてることが可能です。深さ2.0mmのカートリッジを使えば目元や口元などの皮膚が薄い部分にも施術できます。ひたいや眉下など、細かいカーブがあって施術が難しい部分にも対応可能です。皮膚の浅い部分にできた表皮のしわ改善も期待できます。

深さ3.0mmのカートリッジは熱によるダメージをお肌に与え、コラーゲンを生成。お肌の弾力アップを促します。もちろん、しわやたるみの引き締めにも効果が期待できます。

深さ4.5mmのカートリッジはしっかりとSMAS層へ超音波を届けます。熱エネルギーによってたんぱく質が縮むことでたるみの改善につなげます。

これら3つのカートリッジを付け替えることで、顔や首などのさまざまな部位へHIFUの照射が行えます。顔全体はもちろん、一部のみの施術も可能です。

医師が常駐

リアラクリニックでは、常駐する医師が患者様の診断を行います。肌トラブルがある場合も医師が診察したうえで施術を行うため、安心してHIFUの照射を受けていただけるでしょう。

また、施術は医療資格を持つスタッフが行います。お肌の様子を見て、患者様それぞれに合った出力に調整していきます。施術の際は目をガードしたり、お肌にジェルを塗ったりと、安全性にも配慮。快適にリフトアップ施術の時間を過ごしていただけるでしょう。

麻酔の使用も可能

HIFUの照射はほとんど痛みがありません。とはいえ、痛みの感じ方には個人差があります。痛みに弱い方やお肌が敏感な方など、耐えられない場合は麻酔の使用も可能です。また、機械の出力を下げて痛みが少ないように施術することもできます。お気軽にご相談ください。

リアラクリニックのHIFUメニュー

リアラクリニックでは、さまざまなHIFUメニューをご用意しています。ソノクイーン全顔コースなら、トライアルで39,000円(税別)、スタンダード1回で49,800円(税別)です。スタンダード4回セットであれば、1回あたり36,000円(税別)で受けていただけます。また、目元のたるみやしわが気になる方には「ハイフアイリフト4D」、首には「ハイフリフト4D」がおすすめです。

効果を長く持続させたい場合、一定の期間をあけながら何度か施術していただくと良いでしょう。半年ほどは効果が続くケースが多いため、4カ月~6カ月に1回の頻度で通院いただく方も多数いらっしゃいます。

また、前回の施術から1カ月たてば、2回目のHIFU照射が可能です。お肌の状態によっては3カ月ほどあけてから2回目が行えることもあります。照射頻度については、お気軽にご相談ください。

おわりに

名古屋にてリフトアップをお考えなら、ぜひリアラクリニックへ。当院では切開や注射の必要ないHIFUによるリフトアップを行っています。

患者様それぞれに合ったプランをご提案しますので、まずは無料カウンセリングにお越しください。

twitter facebook

はじめての方へ

はじめての方へ

はじめての方へ脱毛について詳しく説明します。

よくある質問

よくある質問

患者様からよくいただく質問をご紹介します。

Accessアクセス方法

住所

愛知県名古屋市中村区名駅3-23-7
ダイヤモンドウェイビル4F

最寄り駅

JR名古屋駅より徒歩3分
※お車でお越しの場合は近隣のコインパーキングをご利用ください

電話番号

フリーダイヤル0120-11-2611

住所

東京都豊島区西池袋3-25-21
CIC IKEBUKURO BUIL8F

最寄り駅

JR池袋駅西口より徒歩4分
※お車でお越しの場合は近隣のコインパーキングをご利用ください

電話番号

フリーダイヤル0120-005-684

住所

愛知県名古屋市中区錦3丁目17-5
EXIT NISHIKI middle 3-4階

最寄り駅

「栄」駅より徒歩1分
「栄町」駅より徒歩3分
「久屋大通」駅より徒歩5分
※お車でお越しの場合は近隣のコインパーキングをご利用ください

電話番号

フリーダイヤル0120-07-0512

住所

東東京都新宿区西新宿7-9-18第三雨宮ビル8階
(ハナビューティークリニック内)

最寄り駅

JR新宿西口より徒歩4分
大江戸線 新宿西口出口 D5より徒歩1分
西武新宿駅より徒歩4分
※お車でお越しの場合は近隣のコインパーキングをご利用ください

電話番号

フリーダイヤル0120-162-498

住所

東京都新宿区新宿二丁目12-8 ACN新宿ビル7階

最寄り駅

新宿駅中央東口より徒歩9分※お車でお越しの場合は近隣のコインパーキングをご利用ください

電話番号

準備中…