Column美脱毛コラム

脱毛についてのギモンや正しい処理方法についてなど、クリニックだからこそお伝えできる脱毛についての正しい情報を随時更新しています!

2022.06.03医療脱毛

ヒゲ脱毛は自宅でもできる?脱毛クリームやメンズ脱毛器などのやり方や効果、費用を解説!

この記事の監修医師

リアラクリニック
楯 直晃 先生

誰でも、毎日のひげそりを面倒に感じたことがあるはず。どうせだ脱毛するなら、自宅で気軽にやりたいと考えている方もいるでしょう。そこで、自宅でできるヒゲ脱毛のやり方や効果についてご紹介します。自宅でヒゲ脱毛するメリットやデメリットなどについても解説しているので、自分に合ったヒゲ脱毛を選んでストレスのない毎日を手に入れましょう。

目次

1.ヒゲ脱毛の自宅でのやり方

先に言っておきますが、自宅では脱毛効果が得られる方法はありませんが、ヒゲ脱毛アイテムとして代表的なものを紹介します。それぞれのやり方と効果をみていきましょう。

1-1.脱毛クリーム

脱毛クリームは、たんぱく質を溶かす成分が配合されているクリームです。

肌の汚れを洗い流したあとに、脱毛クリームを適量塗って数分放置し、すすぎ残しがないように丁寧に流します。

表面に生えている毛をなくすことはできますが、根元から毛をなくすことはできません。また、ムダ毛だけでなく皮膚のタンパク質も同じように溶かしてしまい、肌に刺激をあたえてしまいます。

顔の皮膚は身体よりも薄くて敏感です。顔やVIOに使用できると書いている商品もありますが、肌荒れなどのトラブルを起こさないためにもヒゲ脱毛には使用しないようにしましょう。

1-2.抑毛ローション

抑毛ローションには、毛の生え変わりを邪魔する成分がはいっていて、ヒゲを生えにくい状態にします。

生えているヒゲをすぐなくすことはできないため、カミソリや電気シェーバーのあとのお手入れに使用します。使っているうちにヒゲが徐々に薄くなっていきます。

しっかりヒゲを減らしたいのであれば「イソフラボン」や「パパイン酵素」などの有効成分が入ったものを選びます。ただし、ヒゲを完全にはなくすことはできないということは知っておきましょう。

抑毛効果のあるアイテムには、クリームやジェルもあり、自分に合ったテクスチャーで選ぶと続けやすいです。

1-3.メンズ脱毛器

最近ではエステに通う男性も増えていますが、家庭用脱毛器でも同様の効果を得られます。

しかし、エステや自宅で使われている脱毛器は出力が弱く、発毛組織を破壊できないため毛の生え変わるスピードを遅らせる抑毛効果までにとどまります。

医療脱毛のような脱毛効果はないので、ヒゲが生えてくるタイミングで定期的に照射しないとまた髭が生えてきます。

同じ場所に二重で照射したり照射漏れがあったりと、きれいに脱毛できないこともあります。また、出力は肌の色や質感に合わせないと火傷する可能性があり、よく日焼けをする方や乾燥肌の方はとくにリスクが高いです。

照射する前後はダメージによって肌が乾燥しやすく、保湿などのケアができないと肌トラブルを招きます。男性はスキンケアについてよく知らないこともあって、肌トラブルに見舞われやすいです。

2.自宅でヒゲ脱毛をするメリット

自宅でヒゲ脱毛をする際に感じるメリットの多くは、スケジュール的な面と1回1回の費用の安さです。

自分のタイミングでやるため、スケジュール調整や通う手間がなく気軽に始められます。また、ヒゲのデザインも自分で思うようにできて、痛みの調節や脱毛する間隔も自由に決められます。

費用については、それぞれのアイテムは数千円~数万円です。1回の使用量に換算すると、数百円~数千円に抑えることができて費用を安く抑えられます。

メリット

・通う手間がない

・1回1回のコストが安い

・気になる部分を念入りに処理できる

・隙間時間を活用できる

・好きなタイミングでできる

・スケジュール調整の必要がない

3.自宅でヒゲ脱毛をするデメリット

自宅でヒゲ脱毛する際に感じるデメリットの多くは、継続することで発生します。

忙しくて通えないからと自宅で脱毛することを決める方がいますが、そもそも時間がないので自宅で作業する時間が持てずに結局続けられないことがあります。

自宅での脱毛は永久脱毛ではないため、継続しないと毛を減らした状態を維持できないどころか、毛の量さえ減らすことはできません。あご裏など自分では見えない部分の作業が難しく、慣れるまでは大変です。

さらに残念なことに、1回1回の費用は少ないもののずっと費用が発生するため、思いのほか高額になってしまっていることもあります。

デメリット

・手間と時間がかかって面倒

・ムラができてキレイに仕上がらない

・肌荒れや火傷などの肌トラブルが起こりやすい

・継続しないと、毛のない状態をキープできない。

・結局カミソリなどと併用するアイテムもある

・長期的にみると費用がかかる

4.ヒゲ脱毛なら自宅でやるより医療がおすすめ

自宅で脱毛する際に、デメリットの方が気になる方には医療脱毛がおすすめです。医療脱毛をおすすめする理由を解説します。

4-1.プロの施術で上質な仕上がり

自分で散髪しても上手くいかないように、ヒゲ脱毛もやはりプロの仕上がりは見た目以上に質が違います。

脱毛は毛質や肌質によって出力の調節を行わなければ、効率的に脱毛できません。医療脱毛は、医師や看護師が毎回チェックして出力をコントロールし、1回1回確実に脱毛していきます。

回を重ねるごとに不要な部分のヒゲがなくなっていき、左右対称にできます。鏡でチェックしていただきながら施術するため、デザイン脱毛など細かい部分の調整も可能です。

見えにくいあご裏や、頬から首にかけてのラインも、寝ているだけですべすべに仕上げてくれます。毛のない状態になるまでの回数も5~8回程度と少なく、短期間で脱毛できるのも魅力です。

4-2.費用は月々数千円からOK

医療脱毛は何万円もして敷居が高いイメージがありませんか?確かに自宅でする脱毛方法に比べると高額ですが、そこから先に発生する費用ほとんどなく医療脱毛の方が安くなるケースもあります。

また、医療ローンや各種クレジットをうまく活用すれば、月々数千円からの支払いに抑えられるため、出費がかさむときでも負担になりにくいです。

ヒゲ脱毛はクリニックによって料金に大きな差がでます。30,000円前後のところもあれば、100,000円前後のところも。

施術する部位によっても料金に違いがでるので、脱毛範囲やセット価格などいろいろと比較して、自分が脱毛したい範囲と費用感がうまくマッチしているクリニックを選びましょう。

4-3.肌がきれいになる

男性だって、できればシミや肌荒れのないきれいな肌でいたいものです。

しかし、自宅で脱毛すると、毎日もしくは数週間おきにヒゲにアプローチすることになります。肌にとって負担になる方法もあり、どうしても肌荒れなどのリスクからは脱出できません。

医療脱毛は肌への負担を考慮した出力で、火傷などのトラブルを回避することが可能です。また、永久脱毛ができるのでヒゲの処理をすることがほとんどなくなって、肌への負担を減らせます。ダメージが減ることで、肌に透明感も出てくるでしょう。

5.ヒゲで悩まない生活を手に入れるなら医療脱毛へ

自宅でやる脱毛方法は、どれも厳密にいうと脱毛はできません。そのため、継続的に費用や手間がかかります。

ヒゲ脱毛を医療レーザーで行うと、永久脱毛の効果によってヒゲがほとんど生えなくなり、朝に夕にヒゲにかけていた時間をゼロにできます。1日3~5分ヒゲのお手入れをしている方は、40年間で730~1200時間も得したことになります。

リアラクリニックではヒゲをきれいに脱毛したい男性のために、医療レーザーを2種類導入しております。より痛みの少ない方法や肌やヒゲに合った機種を選択でき、満足していただけるはずです。

ヒゲ脱毛と全身脱毛とのセット価格もご用意していますので、自宅で身体の脱毛もしている方は、リアラクリニックのヒゲ脱毛をぜひ検討してみてください。

twitter facebook

この記事の監修医師

リアラクリニック
楯 直晃 先生

日本抗加齢医療学会会員、日本内科学会内科認定医、日本医師会認定健康スポーツ医、日本医師会認定産業医

熊本大学卒業後、初期臨床研修を経たのち約3年間総合診療で勤務し、幅広く診療を行った後、救急・集中治療部で2年程勤める。その後日本抗加齢学会会員となり、エイジングケアの研究に努めている。

はじめての方へ

はじめての方へ

はじめての方へ脱毛について詳しく説明します。

よくある質問

よくある質問

患者様からよくいただく質問をご紹介します。

  • ミラドライ
  • GLP-1
  • しわ・たるみ治療
  • ダーマペン
  • 脂肪溶解注射

Clinicクリニック紹介

関東エリア

  • 新宿
  • 池袋
  • 横浜

東海エリア

  • 名古屋
  • 名古屋栄

関西エリア

  • 京都

九州エリア

  • 福岡