Column美脱毛コラム

脱毛についてのギモンや正しい処理方法についてなど、クリニックだからこそお伝えできる脱毛についての正しい情報を随時更新しています!

2020.03.18

ハイフ(HIFU)効果はいつから現れる?エステと医療ハイフの違いを解説

フェイスラインのたるみ治療やリフトアップ治療で近年注目を集めているのが、HIFU(ハイフ)治療です。
メスを使わず希望のフェイスラインを目指せるため、医療機関やエステサロンで人気の高い施術となっています。
しかし、医療用ハイフとエステハイフでは、治療効果や安全性などに大きな違いがあることはご存知ですか。
そこで今回は、HIFU(ハイフ)の特徴や医療用ハイフとエステハイフの違いについて詳しく解説します。
当院のHIFU治療の特徴もご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

1.たるみ改善や小顔効果が期待できるHIFU(ハイフ)とは

「HIFU(ハイフ)」は「High Intensity Focused Ultrasound(高密度焦点式超音波療法)」の略称で、メスを使用せずにできるたるみ・小顔治療として注目されている施術法です。


肌は表面から表皮層・真皮層・脂肪層・SMAS筋膜層・筋層という構造になっています。
HIFU機器は、超音波で皮膚内の真皮層やSMAS筋膜層に点状に熱エネルギーを照射し、熱ダメージを受けた組織が修復する際にコラーゲンが生成されるため、たるみ改善・肌質改善などに効果が期待できます。

また、たるみの原因は皮膚の奥にあるSMAS筋膜の衰えが関係している場合があります。皮膚表面以外のSMAS筋膜へのアプローチは、これまでメスを使ったフェイスリフト手術でしかできないと言われていましたが、HIFU治療は皮膚を切らずにSMAS筋膜にアプローチすることが可能です。
SMAS筋膜を超音波でピンポイントに刺激し筋膜を縮ませることで、高いリフトアップ効果も期待できます。

ほうれい線やアゴ下のラインが気になる方、しわなどにも効果が期待できますのでHIFU施術は幅広い年代の方から人気の美容機器となっています。

2.医療用ハイフとエステハイフの違い

HIFU治療は、美容外科や美容皮膚科などの医療機関で受けられるリフトアップ治療です。エステサロンでもHIFU治療を行っているところがありますが、クリニック治療とエステハイフには大きな違いがあります。
ハイフ治療をお考えの方は受ける前にどのような違いがあるのかチェックしてみましょう。

2-1.出力の違い

医療機関で行なわれているHIFU治療とエステサロンのHIFUの違いのひとつが、出力の差です。HIFU治療器はもともと前立腺ガンの治療などに用いられているもので、本来は医療従事者しか扱うことができない医療機器です。
そのため、エステサロンでは医療行為に当たらないように、低出力でしか照射できないエステ用のHIFU機器を使用しています。

2-2.効果の実感や持続期間も異なる

出力の違いから、医療用HIFU機器と美容用HIFU機器では、即効性などの効果面や持続期間も異なります。
高出力で照射できる医療用ハイフは1回の施術効果が高いですが、低出力のエステハイフは医療用ハイフのような効果は期待できません。
一回の金額が安くても、費用対効果を考えると割高になる可能性が高いです。

2-3.安全性の違い

HIFU治療は痛みが少なくダウンタイムがほとんどない治療法ですが、火傷や神経損傷などのリスクは伴います。
医療機関でおこなうハイフ治療は、医療従事者が施術を行うので万が一皮膚トラブルが起きた場合でも迅速に医療処置が行えます。
しかし、エステサロンでは医療従事者がいないため、トラブルが起きた場合に医療処置がおこなえません。

そもそもHIFU治療は医療行為になり、エステサロンのHIFU治療は医師法違反に抵触する恐れがあります。安全面を考えた上でもハイフ治療は医療機関で受けることをおすすめします。

2-4.価格の違い

一般的に医療ハイフよりもエステハイフの方が1回の施術料金は安い傾向があります。
ただし、エステハイフは医療用ハイフに比べ出力が低いため、効果が低く効果持続期間も短くなります。
費用対効果で考えると、美容クリニックなどで受けられる医療ハイフの方がお得な美容マシンと考えてよいでしょう。
価格は重要なポイントですが、治療効果や安全性を踏まえてHIFU治療は医療機関で受けるようにしましょう。

【ハイフ治療のメリットデメリットについてはこちら】

3.リアラクリニックHIFU(ハイフ)について

当院では、HIFU照射治療機器「ソノクイーン」を使用して小顔・たるみ治療を行っています。
ここからはソノクイーンを用いたHIFU治療の特徴について、詳しくご紹介します。

3-1.強力にリフトアップする照射治療機器

ソノクイーンによるHIFU治療は、ハイパワーの超音波を狙ったところに照射し、たるみを強力に引き上げます。
皮膚を切らずにシワ・たるみ・小顔治療ができることから、手軽に美容治療を受けたい方におすすめです。

3-2.カートリッジを変えることで皮膚の幅広い範囲に照射

照射したい肌の部位や深さに合わせてカートリッジを変えることで、さまざまな美容効果が期待できます。当院では患者様のお悩みに合わせて3つのカートリッジを使い分けています。

  1. 深さ2.0mm
    真皮層の浅い部分、目元・眉下・額・目の際・口元など細かい部分に照射できます。目元の小じわが気になる方などに適しています。
  2. 深さ3.0mm
    真皮層の深いところに照射できます。熱ダメージを受けたコラーゲンが修復する際に新しいコラーゲンを生成するので、肌のハリ感UPや、引き締め効果、リフトアップ効果が期待できます。
  3. 深さ4.5mm
    真皮層とSMAS層に熱ダメージを与えられます。皮膚の深いところにあるSMAS層にアプローチすることで、高いリフトアップ効果が期待できます。

3-3.コラーゲン大量生産で長期間のリフトアップ効果を実感

ソノクイーンによるHIFU治療は、真皮層やSMAS層にピンポイントで熱ダメージを与えることができます。
熱ダメージを受けたそれぞれの層でコラーゲンが大量生成されるので、長期間のリフトアップ効果・肌質改善効果が期待できます。
リフトアップ治療やたるみ治療をしたい方、シワ、毛穴、シミなどの肌悩みがある方にはソノクイーンによるHIFU治療がおすすめです。

3-4.約6ヶ月効果が持続

HIFU治療は治療後1〜3ヶ月かけて新しいコラーゲンが生成されて徐々に効果が現れます。そのため持続性が高く、個人差はありますが効果の持続期間は約6ヶ月程度です。

4.よくある質問

HIFU治療を受ける際の、よくある質問と回答をご紹介します。

4-1.一回でも効果を実感できますか?

効果の感じ方には個人差があります。
基本的に、施術直後からリフトアップ効果を実感いただけますが、たるみの状態や肌質によって、回数を重ねることで効果を実感できる場合もあります。

4-2.治療間隔を教えてください

ソノクイーンによるハイフ治療は約6ヶ月程度効果が持続するため、4〜6ヶ月に1回施術を行うのがおすすめです。
2回目以降の治療は、初回治療から1ヶ月経過後から受けることが可能です。
ただし、状態によって3ヶ月程度期間をあけていただく場合もあります。患者様の肌の状態によって、適切な治療期間や施術方法は異なりますので、カウンセリング時にご相談ください。

4-3.むくみや腫れなどはありますか?

基本的に外科施術のような大きなダウンタイムはありません。
個人差はありますが、赤み・むくみ・腫れ・熱感・鈍感・かゆみ・かさぶた・色素沈着などの症状が現れる場合があります。

4-4.メイク(化粧)は直後から行えますか?

前述したように、ダウンタイムはほとんどありませんので施術後すぐにメイクをしてお帰りいただけます。
治療後の肌は敏感な状態なので、紫外線対策や保湿をしっかりと行ってください。治療当日から洗顔・運動・シャワーは可能ですが、入浴は翌日以降をおすすめします。

4-5.効果を実感できるまで何回治療が必要ですか?

肌の状態や、たるみの進行具合には個人差があるので、一概に何回必要かは判断できかねます。

また、たるみ治療は継続することが大切です。1回でも効果を実感頂けますが、たるみを徹底的に解消するためには最低3回の施術をおすすめしております。必要回数や施術頻度についてはカウンセリング時にご案内させて頂きます。

4-6.治療後何日後からたるみへの効果を実感できますか?

個人差もありますが、基本的に効果はすぐにご実感いただけます。
また、施術直後からコラーゲン増生による肌のハリ感は数日から1~3週間後に出始めます。個人差もありますが、2~3ヵ月で効果のピークを迎え、効果は6ヵ月程度持続します。

医療用ハイフ(HIFU)で気になる悩みを改善しよう!

ハイフ治療は、効果の高いリフトアップ施術です。しかし、一口にハイフといっても、医療用ハイフとエステハイフには出力・効果・安全性などに大きな違いがあります。
HIFU治療で気になる肌悩みを改善したい方は、医療従事者が治療を行う医療機関でハイフ治療を受けるようにしましょう。


当院では施術の前にHIFU治療の施術内容、リスク、注意点、料金などを詳しくご説明します。無料カウンセリングのみのご予約も可能ですので、たるみにお悩みがある方はぜひお気軽にご相談ください。

twitter facebook

はじめての方へ

はじめての方へ

はじめての方へ脱毛について詳しく説明します。

よくある質問

よくある質問

患者様からよくいただく質問をご紹介します。

Accessアクセス方法

リアラクリニック 名古屋院

住所

愛知県名古屋市中村区名駅3-23-7
ダイヤモンドウェイビル4F

最寄り駅

JR名古屋駅より徒歩3分
※お車でお越しの場合は近隣のコインパーキングをご利用ください

電話番号

フリーダイヤル0120-11-2611

リアラクリニック 池袋院

住所

東京都豊島区西池袋3-25-21
CIC IKEBUKURO BUIL8F

最寄り駅

JR池袋駅西口より徒歩4分
※お車でお越しの場合は近隣のコインパーキングをご利用ください

電話番号

フリーダイヤル0120-543-430

リアラクリニック 新宿院

住所

東京都新宿区西新宿7丁目10-18 4階
(西新宿杉江中央クリニック内)

最寄り駅

JR新宿西口より徒歩5分
大江戸線 新宿西口出口 D5より徒歩1分
西武新宿駅より徒歩4分
※お車でお越しの場合は近隣のコインパーキングをご利用ください

電話番号

フリーダイヤル0120-106-644

リアラクリニック 名古屋栄院

住所

愛知県名古屋市中区錦3丁目17-5
EXIT NISHIKI middle 3-4階

最寄り駅

「栄」駅より徒歩1分
「栄町」駅より徒歩3分
「久屋大通」駅より徒歩5分
※お車でお越しの場合は近隣のコインパーキングをご利用ください

電話番号

フリーダイヤル0120-07-0512