Column美脱毛コラム

脱毛についてのギモンや正しい処理方法についてなど、クリニックだからこそお伝えできる脱毛についての正しい情報を随時更新しています!

2020.11.24知識

人にバレずにリフトアップしたい! HIFUの効果はいつから出てくる?

この記事の監修医師

リアラクリニック
楯 直晃 先生

しわや顔のたるみ、毛穴の開きなどに悩み、リフトアップ施術を検討している方も多いのではないでしょうか。

ただ、他人に施術のことがバレることに抵抗があり、通院を躊躇しているケースも少なくありません。人にバレずにリフトアップを実現するなら、HIFUを使った治療がおすすめです。

今回は、リフトアップにおすすめのHIFUの特徴やメリットなどをご紹介します。

リフトアップ治療がバレてしまうパターン

リフトアップ治療したことを他人に知られたくないものの、方法や体質などさまざまな理由でバレてしまうことがあります。

どういったパターンでリフトアップ治療のことが知られてしまうのでしょうか。まずは、いくつかのケースをご紹介します。

パターン1:跡が目立つ

リフトアップ治療には、さまざまな方法があります。なかでも即効性が高く、効果が持続するといわれているのがフェイスリフトや糸リフトです。

フェイスリフトではメスで顔を切って筋肉や皮膚を持ち上げます。糸リフトでは、顔に特殊な糸を挿入してたるみを改善します。

こういった方法によるリフトアップは、仕上がりが医師の腕に左右されます。治療を担当した医師の技術が不足していたら、治療の後が目立ってしまうことも。また、筋肉や皮膚の引き上げがうまくいかず、ひきつったような顔になったり、糸が透けて見えたりといったトラブルもあります。

そのほかにも、皮膚の下に血がたまる、髪の毛がはげる、神経が損傷するなどのトラブルが発生することがあります。リフトアップ手術は信頼できる医師に任せることが大切です。

パターン2:ダウンタイム中の姿を見られる

リフトアップ施術のなかには、長いダウンタイムが必要なものがあります。たとえば、切開をともなうフェイスリフトは、抜糸までに1週間ほどかかります。腫れが引くまでに2週間かかることも珍しくありません。

ダウンタイムが長い方法だと、その分、他人に施術後の腫れた顔を見られる可能性が高くなります。そうしてリフトアップ治療をしたことがわかってしまうケースもあるようです。

パターン3:薬剤が合わなかった

リフトアップには、ヒアルロン酸やボトックスなどの薬剤を注入する方法もあります。さまざまな種類の商品が登場しているため、ご自分に合うものを選ぶことが大切です。お悩みの箇所に合った薬剤を入れなければ、お肌が不自然に膨らんだり、感触に違和感が生じたりといったトラブルが起こるかもしれません。そうなるとリフトアップ施術をしたことも周囲にバレてしまうでしょう。

また、薬剤の注入によるリフトアップも、医師の腕によって仕上がりに影響が出ます。注入する薬剤の量や、注入する位置など、繊細な調整が必要です。医師の技術によっては不自然な仕上がりになってしまうこともあるため注意しましょう。

内緒でリフトアップをするならHIFUがおすすめ!

他人にリフトアップしたことがバレたくないときは、HIFUによる施術がおすすめです。HIFUの照射は跡が残らず、ダウンタイムもほとんどいらないメリットがあります。

こちらでは、HIFUの特徴やメリット、効果が出てくるタイミングなどをご紹介します。

跡が残らない

HIFU治療では、専用の機械から高密度焦点式超音波(High Intensity Focused Ultrasound)を照射して、リフトアップを行います。施術にメスや注射器などを使わないため、傷跡が残ることはありません。糸リフトのように異物を挿入することもないため安心です。施術の痕跡によって、他人にバレてしまう心配はないといえます。

ダウンタイムはほとんどない

HIFU治療はダウンタイムがほとんどありません。照射後、赤みやほてりなどが出ることもありますが、基本的にはすぐに落ち着きます。ダウンタイム中の姿を見られて、施術したのがバレることもないでしょう。

入院の必要がない

HIFUの治療は入院せずに行えます。部位によるものの、施術自体も10分~60分で終了します。長期間拘束されることがないため、余裕をもって施術を受けられます。入院することで他人にリフトアップが知られてしまうこともありません。

効果がじんわりと続く

HIFUの効果が出てくるタイミングには個人差があるものの、基本的にはすぐにリフトアップを実感できます。HIFUは筋膜であるSMAS層へ届き、たんぱく質をぎゅっと引き締めるためです。

その後、HIFUによるお肌の修復を行う過程で、コラーゲンが生成されていきます。数カ月にわたってコラーゲンがつくられることで、お肌のハリが徐々に生まれていきます。

リフトアップ効果は、1カ月~半年ほど持続します。頻繁に通院する必要はありません。クリニックへ行く回数が少なく済むため、通っているところを見られてしまう心配もほとんどないでしょう。

名古屋でHIFU治療をするならリアラクリニックへ

名古屋にてリフトアップ施術をご希望なら、リアラクリニックをご利用ください。リアラクリニックでは、ソノクイーンを使用したHIFU治療を行っています。

最後に、リアラクリニックのリフトアップ施術についてご紹介します。

一人ひとりに合った施術を提案

リアラクリニックのカウンセリングでは、患者様一人ひとりのご要望をじっくりとうかがいます。お悩みに合わせたリフトアップ施術を提案するため、気になる点は何でもご相談ください。料金に関することや通院回数、ダウンタイムについてなど、ご不明点はしっかりと説明いたします。

医師が常駐するため安心

リアラクリニックでは、医師が常駐して診察を行っています。お肌にトラブルを抱えており、HIFUを照射できるかわからないという方も、ぜひ一度お越しください。医師がお肌を診たうえで、安全に施術できるかどうかを判断いたします。

3つの超音波を照射できるソノクイーンを採用

リアラクリニックではソノクイーンという機械を使用してHIFUを照射しています。ソノクイーンは、3つのカートリッジを用いて、皮膚の表面からSMAS層にかけて幅広くアプローチが可能です。

顔のたるみにお悩みなら深い場所まで届く4.5mm、毛穴の開きや小じわを改善したいなら3.0mm、目元やひたいなどの細かい部分に照射したいなら2.0mmと、カートリッジを使い分け、顔全体にまんべんなくHIFUを届けられます。

麻酔も使用可能

HIFUの照射は、痛みが少ないことが魅力です。ただし、体質やお肌の状態、照射する部位などによっては、チクチクとした痛みを覚えることがあります。

もし痛みが気になる場合は、麻酔を使用することも可能です。お肌が敏感な方は、お気軽にご相談ください。

ほかの美容施術との併用可能

HIFUの照射は、ほかの美容施術と併用可能です。レーザーによる治療などと組み合わせることで、より高いリフトアップ効果を得られる可能性もあります。

ただ、外科手術による傷跡がある場合や、金属の糸を入れている場合など、HIFUが照射不可能なケースも存在します。照射できるかどうか判断に迷うときは、ぜひカウンセリングにてご相談ください。

おわりに

リアラクリニックでは、痛みの少ないHIFU治療を提供しています。医療資格を持つスタッフが、お肌の状態を見ながら的確な照射を行います。

信頼できるクリニックでのリフトアップをご希望なら、ぜひリアラクリニックをご利用ください。カウンセリングは無料で行っています。

twitter facebook

この記事の監修医師

リアラクリニック
楯 直晃 先生

日本抗加齢医療学会会員、日本内科学会内科認定医、日本医師会認定健康スポーツ医、日本医師会認定産業医

熊本大学卒業後、初期臨床研修を経たのち約3年間総合診療で勤務し、幅広く診療を行った後、救急・集中治療部で2年程勤める。その後日本抗加齢学会会員となり、エイジングケアの研究に努めている。

はじめての方へ

はじめての方へ

はじめての方へ脱毛について詳しく説明します。

よくある質問

よくある質問

患者様からよくいただく質問をご紹介します。

  • ダーマペン
  • 小顔&美肌
  • ミラドライ
  • AGA
  • FAGA
  • 脂肪溶解注射
  • しわ・たるみ治療
  • GLP-1

Clinicクリニック紹介

関東エリア

  • 新宿

東海エリア

  • 名古屋