Column美脱毛コラム

脱毛についてのギモンや正しい処理方法についてなど、クリニックだからこそお伝えできる脱毛についての正しい情報を随時更新しています!

2021.10.28知識

ダーマペンとは?効果・メリット・デメリットからダウンタイムまで解説!

この記事の監修医師

リアラクリニック
楯 直晃 先生

肌トラブルを改善できてダウンタイムが短い医療機器を探している方は多いのではないでしょうか。ダーマペンは、さまざまな肌トラブルに効果が期待でき、ダウンタイムが短い治療です。ここでは、ダーマペンの効果やメリット・デメリット、ダウンタイムなどについて詳しくご紹介します。

目次

1.ダーマペンとは

ダーマペンとは、髪の毛よりも細い超極細の針で肌の表面に穴を作り、肌の治癒力を利用して肌トラブルを改善する治療です。

2.ダーマペンに期待できる効果

ダーマペンで肌の表面に穴を作ると、本来の自然治癒力が向上することでコラーゲンの生成が促されます。その結果、肌のハリや弾力が高まり、肌表面の凹凸や傷跡が目立ちにくくなります。また、肌の健康を保つ成分を導入することで、肌の引き締め効果も期待できます。

ダーマペンが適用となる症状は、クレーター状のニキビ跡、色素沈着、くすみ、シワなどです。これらの症状は、いずれもスキンケアだけでは改善が困難なため、美容治療を受ける必要があります。

3.ダーマペンのメリット

ダーマペンの他にも、肌トラブルの改善が期待できる治療はいくつもあります。それでは、ダーマペンのメリットについて詳しく見ていきましょう。

3-1.真皮から肌の状態を整えることができる

ダーマペンを使用すると、肌の奥にある真皮から肌を立て直せます。ニキビ跡は、強い炎症が起きた真皮を修復する際に起きる症状です。角質を削るピーリング剤は真皮にまで届かないため、十分な効果が期待できません。そこで、ダーマペンで意図的に傷を作ることで、真皮を刺激して皮膚の再生を促せるため、ニキビ跡の改善が期待できます。

また、成長因子を導入すると、肌の修復作用を促せるため、さらに改善効果が高まる可能性があります。

3-2.美容成分によってハリ肌へ導ける

ダーマペンの極細の針を刺した穴には、美容成分を入れることができます。美容成分と成長因子によって肌の修復を促し、ハリのある肌へと導きます。例えば、コラーゲンやエラスチンなど肌の弾力成分を導入すると、ハリ肌効果の向上が期待できます。そのほか、肌の酸化に抵抗するビタミンCやビタミンEなどの導入も可能です。

肌の悩みの種類や程度に応じて適切な成分を導入することで健やかな肌へと導けます。

3-3.痛みがほとんどない

針は、細くなればなるほどに痛みが小さくなります。髪の毛よりも細い極細の針を使用するほか、一定の圧力で均等に肌に当てるため、痛みはほとんどありません。ただし、適切な施術をした場合に言えることであり、施術の技術や経験に乏しい人物が施術すると痛みが強くなる恐れがあります。

しかしながら、麻酔クリームを塗って痛みをさらに軽減するので、強い痛みを感じる心配はほとんどありません。

4.ダーマペンのデメリット

ダーマペンはメリットが多い治療法である一方で、いくつかのデメリットもあります。ダーマペンを受けるかどうか検討する際は、次のデメリットもあわせてチェックしましょう。

4-1.肌を適切にケアできるクリニックを選ぶ必要がある

ダーマペンは極細の針を使用するため安全性が高い治療ですが、誰が行っても同じ結果になるわけではありません。肌に針で穴をあけた後に、肌を適切にケアする必要があります。適切なケアができない場合、肌の状態がますます悪くなる恐れもあるので、ダーマペンの施術実績が豊富で信頼できる医師が在籍しているクリニックを選びましょう。

なお、ダーマペンはセルフでの施術も可能ですが、前述したように適切なケアができなければ症状が悪化する恐れがあります。そのため、セルフでのダーマペンはおすすめできません。

4-2.受けられないケースがある

ダーマペンの針は金属製のため、金属アレルギーの方に使用するとアレルギー反応が出る恐れがあります。金属アレルギーの程度によって異なりますが、ダーマペンを使用できない場合があることを覚えておきましょう。また、糖尿病をコントロールできていない方、何らかの原因で出血のコントロールが難しい方、針に対して皮膚が過剰に反応する方などは、ダーマペンを使用できない場合があります。

4-3.継続した治療が必要

ダーマペンの効果は比較的現れやすい部類ですが、4~5回程度の治療で効果を実感する方が多いようです。また、肌の状態に応じて必要な治療回数が異なるため、事前に医師に確認しておきましょう。

5.ダーマペンの施術の流れ

ダーマペンの施術の流れは、クリニックによって異なります。一般的には、カウンセリング、診察の際に治療の流れや効果、リスクなどの説明を受け、患者と医師の同意を持って治療を開始します。施術前に麻酔クリームを塗り、ダーマペンの施術をして肌のケアを受けたら完了です。

6.ダーマペンのダウンタイム

ダーマペンを使用すると、数日から1週間程度は赤みが続く場合があります。特別な処置をせずとも自然に治まるので心配はありません。赤みは、ダーマペンによって皮膚の表面に穴があいた際に起きる正常な反応です。

メイクは通常翌日から行えますが、赤みがひどい場合は医師に相談した方がよいでしょう。

7.ダーマペンの治療後の注意点

ダーマペンの治療後は、肌が乾燥しやすくなります。乾燥した肌はバリア機能が低下しているため、肌トラブルのリスクが高まります。普段以上に保湿ケアを入念に行いましょう。また、紫外線の影響を受けやすくなるため、紫外線対策を万全にする必要があります。

洗顔やシャワーは当日から可能ですが、肌の状況によっては数日後から可能となります。そのほか、アルコールを含む化粧品を使用しない、赤みが治まるまでは入浴やサウナを控えるなど、日常生活の注意点を守ることでダーマペンの効果が十分に発揮されます。治療後の注意点については医師やスタッフから説明がありますが、疑問や不明点がある際は遠慮なく質問しましょう。

8.ダーマペンについてよくある質問

ダーマペンを検討しているものの、さまざまな疑問や不安を感じる方は多いのではないでしょうか。そこで、ダーマペンに関してよくある質問とその回答をまとめました。

Q.ダーマペンは痛い?

ダーマペンは皮膚の浅い部分に針で穴をあけるので、どうしても痛みが生じます。ただし、髪の毛ほどの細さの針を使用するので、多少チクッとする程度の痛みです。麻酔クリームを使用すれば、さらに痛みを軽減できます。

Q.ダーマペンは傷が残る?

ダーマペンは皮膚の表面に穴をあけるので、傷跡が残らないか心配される方は多いのではないでしょうか。小さな穴はあきますが、数日で自然にふさがるので傷が残る心配はほとんどありません。

9.まとめ

ダーマペンは、肌に極小の穴をあけて自然治癒力を高め、ニキビ跡やシワ、くすみなどの肌トラブルを改善へ導く治療法です。極細の針を使用するため、強い痛みを感じる心配はほとんどありません。また、ダウンタイムも短く、普段の生活に大きな支障をきたすことなく肌をケアできます。ダーマペンを検討されている方は、信頼できるクリニックに相談しましょう。

twitter facebook

この記事の監修医師

リアラクリニック
楯 直晃 先生

日本抗加齢医療学会会員、日本内科学会内科認定医、日本医師会認定健康スポーツ医、日本医師会認定産業医

熊本大学卒業後、初期臨床研修を経たのち約3年間総合診療で勤務し、幅広く診療を行った後、救急・集中治療部で2年程勤める。その後日本抗加齢学会会員となり、エイジングケアの研究に努めている。

はじめての方へ

はじめての方へ

はじめての方へ脱毛について詳しく説明します。

よくある質問

よくある質問

患者様からよくいただく質問をご紹介します。

  • ミラドライ
  • GLP-1
  • しわ・たるみ治療
  • ダーマペン

Clinicクリニック紹介

関東エリア

  • 新宿
  • 池袋
  • 横浜

東海エリア

  • 名古屋
  • 名古屋栄

関西エリア

  • 京都

九州エリア

  • 福岡